頭の中は異空間

生活を日々ハックしてよりよくするブログ

MCMというサービスのMLMに勧誘された話

チクショウメー!!

 

何の話かと思って呼ばれてみたら、まさかのMLM、つまりはマルチ商法、言い換えればネットワークビジネスのことでしたとさ。

何もめでたくありません。

現状、国内で色んなマルチが流行っているようで、私が勧誘されたのは宗教を含めこれで実に4度目。

過去には(厳密には勧誘ステップまで行く前に無視したが)ア○ウェイ、TI○NS、顕○会の奴らから目をつけられたことがあります。自分は騙されやすい顔をしているのかな?お人好しなところがあると見抜かれてしまったのかな?と自問自答しましたが、おそらくそうなんでしょう...きっと今後もこのような事案に出くわすことを想定して、まずは簡単に引っかからないためのメモを残しておきます。

 

 

普段連絡を取らない人から急に連絡が来た場合は注意

全員がそうでないにしても、最近ではこの昔の友人だった人から連絡が来て話を聞いてみたら勧誘だった、というのは有り得る話です。なんの話なのか具体的に言われずに会う約束まで取り付けるようならかなり怪しい、というより99%勧誘です(笑)

全く見知らぬ人に勧誘の話はしづらいでしょうから、気のしれた友人なり何かしらつながりのある連絡先の誰かを狙って来ることは、勧誘する側としては当然の行為といえます。最悪の場合親や子供、上司や彼氏彼女から来ることも考えられます。

 

本当に儲けたいのか、考える事

アタリマエのこととして、金を儲けるためにはリスクを取らないといけません。大金がほしいならそれ相応のリスクがつきまといます。数分頑張るだけで数十万も儲かるなら、誰も真面目に仕事なんかしません(笑)それはさておき、ネットワークビジネスを仮にやるとして、本当に興味があってやるなら問題ありません。よくねずみ講と一緒くたにされるマルチ商法も、規制が厳しいだけで犯罪ではないので。ただし周りからの冷たい視線に耐える、過去の付き合いができなくなることは当然覚悟した方が良いでしょう。一般的にマルチ=悪、の印象はそう簡単には拭えないのですから。

そこまでして本当にそのビジネスをして儲けたいと心からそう思うのか、そうしなければならないのか、よく考えることです。

 

うまい(儲け)話はないことを思い出すこと

楽して儲ける、な話は100%裏があり、大概カモにされた人は儲かりません。実際、仮に寝てるだけで毎月勝手に金が入ってくるとしたらどうでしょう?今の仕事が好きで働いている人なんてごく一部しかいないと思えるストレス社会で、働かなくて金が入るなら誰が仕事なんかするか、という話です。冷静に周りを見てみれば分かる通り、皆あくせく働いているのはなぜか?そんな楽な話なんて実在しないからです。

MLMつまりネットワークビジネスといえどハードワークしなければまともな収入にはならない、という当然の事実をまずは受け入れて、それでもやりたければやればいいと思います。全部は知りませんが、会社によってはまともな活動をしているところもあるでしょう。

 

断るなら、相手との縁を切る覚悟で

例えその人が過去にかけがえのない友人だったとしても、現在目の前にいる人がその人だと思わないことです。最悪のケースとして、その友人と縁を切ることが必要ならそうしましょう。精神的に辛い思いをするかもしれませんが、しつこく勧誘されたり嫌がらせを受けるようなら遠慮なくスルーしたりLINEやメールはブロックして、完全に関係を断つことまで検討すべきです。

 

油断してはいけない

仮に何らかの勧誘だとわかっても、「興味ないとはっきり断ればいいから楽勝」と思っていくとこれが結構難しいことがわかります。雰囲気作りや席取りの時点で、いやそれ以前の時点で入念にそのたった1回(と言っても2~3hは拘束されるのですが)のために準備されているはずなので、素人が簡単に断って席を立つのは結構勇気がいります。もちろん、出来る人は簡単に出来ます。しかし性格的にそういう立ち回りが難しい人はザラにいて、実際無碍に断りづらいから勢いで契約してしまうことはアリえます。「ABC 勧誘」でググってみればおおよそどういうことかはわかるでしょう。

彼らは雰囲気作りのプロです。単にトークが美味いだけでデカい組織は作れないということでしょうね。

 

営業トークを信用するな

席について彼らの話が始まると、一見美味しい話に見えなくもないです(宗教関連は完全に糞です。正統な宗教の話はまずこない)。寧ろ魅力的に映ってきます。その誘惑に負けて契約してしまう人も、情弱であればアリえます。事前に知識がなくとも、メリットづくしの話に対しては「なにかおかしい」と感じられるその感性が働いていないと危険です。良いところばかりを見せてデメリットについては聞かれないからと言って何も説明しない、こんなひどい話がまかり通っています。こっそりトイレに抜けてググるなり、話を鵜呑みにしない冷静さが必要です。

 

この体験ででわかったこと

結局、向こうから来る情報(受け身の情報)にはろくなものがない、ということが分かりました(笑)本当に欲しい情報、重要な情報なら自分から積極的に取りに行くはずです。私はそもそもセールスマンという人種がとにかく嫌いで、奴らはただ時間を無駄にするくせに大した話をしません。しかもしつこい...この前も野菜の契約取引の話を持ち込んできたアホがいましたが、「もうすぐ仕事で出ないと行けないので!」と半ギレで追い返したことを覚えています。奴ら、態度が厚かましいこともあって全く良いことをしていませんからね。

MLMの勧誘をしてくる人について言えば、全員とは言いませんが大体が似たようにブラインド勧誘してきます。相手のことを思えない人と一緒にやるビジネスに未来はありません。毎月1億円稼げたって御免です。

 

「うまい話」「儲け話」には絶対に乗せられないように!