頭の中は異空間

生活を日々ハックしてよりよくするブログ

タバコが原因で悪影響が出ているなと思うものをいくつか。

 

タバコに対する規制が厳しくなっていくようです。学校や病院で禁止なのはわかりますが、飲食店まで全面禁止とはなかなかに思い切ったことをするものだな、と思いました。

筆者の周りは喫煙者だらけで、家族でも父と弟が喫煙者であり、友人も多くが(絶対数が少ない)喫煙者です。そんな付き合いをしてきたので嫌煙家ではありません。それに本気で嫌煙家になってしまうと色々と人付き合いで気苦労が絶えないんじゃないかと思います。今後規制が強化されて店などに行きづらくなっていけば、今度はある意味喫煙者に対する配慮をしないといけない場面も出てきそうです。主に友達付き合いや家族づきあい、会社付き合いで。離れた喫煙場所まで行って吸って戻ってくるまで待ってやらないといけない、など(笑)

正直な所、今までの体験からはタバコ自体がどうのこうのというよりも、それを吸っている人の方に問題が有るんじゃないかという考えもあります。そう思う理由をいくつか。

 

マナーの悪い人の存在

タバコを道端にポイ捨てしていたり、歩きタバコしたり、明らかに喫煙場所じゃないところで吹かしてたり。こういうマナー違反が見られれば当然、市民からの声は厳しくなる一方だし、それが続けば規制の対象になっても仕方がありません。一部のお馬鹿さんのせいでせっかくマナーを守っている喫煙者がとばっちりを食うと考えればある意味喫煙者も被害者といえるかも?

 

謎の喫煙休憩

デスクワークの人なら、仕事中に何度も席を立ってヤニを吸いに行く人を見かけたことがあると思います。ぶっ続けで仕事をするよりは休憩が必要なことはわかります。だからと言って用もないのに何度も席を立ったりそれがただの無駄話のためだと擁護しようがありません。しかも筆者の経験上そういう人は大概普段からろくな仕事をしていないので、悪いイメージがどうしてもつきまといます(笑)

 

火災の原因

三国志の著者の横山氏も寝タバコが原因で亡くなられているというのは有名な話です。ポイ捨てが原因で火事になる可能性もあります。

 

においの問題

タバコを普段吸わない人でも、特に居酒屋に行って帰宅して気づいたら着ていた服が物凄くヤニ臭くなっていたことがあると思います。新品のスーツだったりするとがっかりするでしょう。近くの席でプカプカ吹かされてしまってもそこで文句をいうのも難しいので、厄介な問題です。

 

 

健康面ではどうか?

よく受動喫煙があるからテロだと言う話になるかもしれません。確か自分自身もそういう類のtweetをしたことが過去にあります(笑)世界中で約1/10が受動喫煙によって死亡しているという話があるので、少なくともプラスにはなりませんね。多くの人が思っているとおり、身体に悪影響があるのは間違いないでしょう。他にも調べればいくらでも出てきますが、例えば約2年前の記事ですが、ジョンズ・ホプキンスメディスンの記事では早くタバコを辞めたほうが健康に良いと言っています。喫煙をやめることによって肺がんのリスクが低減されるという内容の記事です。引用すると、

According to a 2013 study in the New England Journal of Medicine, quitting before the age of 40 reduces your chance of dying prematurely from a smoking-related disease by 90 percent, and quitting by age 54 still reduces your chance by two-thirds.

の部分ですね。同記事では

The long-term health effects of e-cigarettes are currently unknown and under research, but studies have shown they produce short-term changes similar to traditional cigarettes. Although e-cigarette manufacturers claim their products are safe, their ingredient lists are often unknown and one FDA study found cancer-causing substances in half the e-cigarette samples tested.

とも言っています。電子タバコについての内容です。現時点では健康への影響について、はっきりしたことは言えないとのこと。ただ短期間での影響は従来のタバコと似ているそうなので、長期的にも従来より良いかどうか怪しいですね。

WHOのサイトや厚労省のサイトでも関連する資料を探してみると良いかもしれません。

 

喫煙者がいてもいいと思う理由

これだけデメリットばかり取り上げておいて変な話かもしれません。ただ喫煙者というだけで嫌われるのはやりすぎかなと思うのと、もう一つ理由があります。たばこ税の存在です。ちょうどたばこ税についてJTが解説してくれていました。同記事にもあるように年間で(グラフ的には小さく見えても)兆単位の税収になっていることを見ると結構馬鹿にならない数値です。もし1人も喫煙者がいなくなれば(そんなことはないでしょうが)この税収がなくなってしまうわけなので、それで他の税金負担が増えるのはどうかな、と。

 

まとめると

タバコはまさに、百害あって一利なし、ですね。

それでも、どこまで浸透しているのかわかりませんが、JTも分煙の取り組みをしているし、飲食店を完全に禁煙とまではしなくても良いと思います。今では飛行機内でも完全禁煙ですし喫煙者の肩身は狭くなる一方ですが、本当にマナーを守って周りに配慮出来る人に対しては嫌悪感を出さなくてもいいでしょうとも。飲食店側の立場からすればもし完全禁煙→喫煙者が一部来店しない→客の絶対数が減るので売上も減る→経営難、となるのは想像に難くありません。ということで結局、分煙にするなどキリの良いところで折衷案が出来て落ち着くでしょうけどね。