読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中は異空間

生活を日々ハックしてよりよくするブログ

情報は能動的に取っていかないと駄目だって話

マインドセット

 

また、失念しました。。受動的に(しかも勝手に)組まれてるスケジュールってかなり合わせづらい。せめて候補日を指定してもらって、そこからこちらが選ぶとかしないとね。自己管理能力がないで諦めて思考停止するのはもったいなさすぎます。

これは改善しないといけないな、と思いついたのと、同時にこれは自分への戒めの意味としても大事なことだから書いておかないと、と思って書いた記事です。

 

強く興味を持つ

好きなことに対しては自然と能動的になり、頭に残る。間違いない。

経験上、忘れっぽい筆者でさえ例えばガキの頃どんなゲームやってたか、とか最近だったらいつ飲酒したか、とかしっかり覚えています。本気で好きなことは忘れるはずがなくて、ネットサーフィンするにしても興味のある情報に関してはどんどんググって賢くなっていける(取る情報によりますが)。

逆に興味が無いことは何百回言われても忘れるし、めんどくさいとしか思わないので言われてもできないことが多いと思います。一方的に「勉強しろ」って言われて手が動く人も珍しいのでは。

 

自分が発信する側にまわる

予定を自分から組んでいって、参加する/しないも相手に促されるんじゃなくて自分からはっきり答える。これがベストかな。

そういう自分から発信する習慣をつけるためにはブログ書くでも良し、イベントやるでもよし、身内で発表会やるでもよし。行動力が試されますけど、よくよく考えてみたらみんな就活やるときだって自主的に情報とって自分から説明会予約したりインターンやったり面接とか試験受けに行くわけで。ということは誰にでも行動力は元々備わっていて、ある程度の危機感というかやらざるを得ない状況に追い込まれたら誰だってやるってことですね。

 

ほんの少しでも能動的な動作が必要

大事な予定があるなら頭に入れるでなくてリマインダーを設定するとか、なんでそれが大事なのか自分の頭で理解する。ほんとうに大事だとわかっていれば忘れるはずがないので。

もし自分が情報を発信する側にまわるなら、やることが厳密になって良いかもしれません。このブログでも書いていることは大したことはないけど、それでも自分から情報を発信していくことで頭の中が整理されるし、アホなことを書くとそれがそのまま晒されて恥をかくことになるので、自分が有名じゃないからってあまり適当なことは書きたくありません。つまり書こうと思ったらそれが正しいか、念入りに調べることくらいはする→正しい知識が身についていくというメリットが生まれます。

 

まとめると

些細な事から改善して、下手なミスをしないように、そしてそんな小さなことで恥をかかないように常日頃から意識しよう、そしてそのために情報は自分から積極的に取る週間をつけようという話でした。