頭の中は異空間

生活を日々ハックしてよりよくするブログ

俺は資産1兆円の植物人間な人生よりも、資産100万円でも健康な人生を選ぶ。

 

タイトルの意味

別に資産100万円しかなくても満足って言いたいわけではありません(笑)もちろん金は必要ですが、それ以上に健康さが大事ということが言いたいです。健康体ならいくらでも稼げるので。

筆者は結構な数のサプリを買って食事もなるべく決めたものを食っています。月1~2万円くらいはサプリ代で平均的に消えていきます。サプリとかそんなにたくさん買って高いでしょ?なんて言われるかもしれませんが、今は高く感じても後々になれば気にならなくなります。寧ろ不健康で医者にかかり続けるほうがどれだけ医療費で家計を圧迫することか。

将来的に、というより老後はあきらかに体力が衰えて怪我をしやすく病気になりやすくなるのに、なぜ若いうちに対策してる人が少ないか、理解に苦しみます。

別にサプリ買わなくていいんじゃん?と言う人もいますが、アルギニンやビタミン○○などサプリがないと不足しがちな栄養素もあるのも(おそらく)知らず、しかもそういう人に限って普段の食事がデタラメだったり。笑わせるなと。

 

健康は長期的に見れば得だらけ。

 これを「それは知っている」といえる人はほとんどいないはず。なぜなら大抵はそういう行動をしていないので...身体を見ればそんな人は。面倒だけど、絶対若いうちから対策した方が良い。ずっと怠けてた人が老後から対策する余裕ないと思いますし。

健康でいることに普段は得に思わないかもしれませんが、病気になれば嫌でも気づきます。いや、高熱を出して身動き取れなくなった経験でも同様。辛い。苦しい。社会人なら働けないうちは金が入らない(有給使えば一時しのぎは出来る)。

金が入らないどころか医療費で金は出ていくばかりで、損しかしてない。 それがなければ痛い思いも辛い思いもしなくて済むしなにより金が浮くので、健康的でいることによって結果的に得しかしてません。

 

日本はサプリ後進国

発展途上国と言ってもいいかもしれません。国産どころか海外の(主にアメリカ製)サプリなんて持ってる人はレアでしょう。統計を見たわけではありませんが、おそらく人口の1割未満な気がします。1割と言っても、日本の総人口1億2千万(2016/12現在)、その1/10だから1,200万人。成人は1億人、この1/10なら1,000万。キリの良い数字ですが、なんだかこれでも実感より結構多く感じますね?正しい知識を持ってる人がこんなに多いとはとても思えません...

それと比較してアメリカはサプリ大国ですが、これは文化の違いが大きそうです。

news.livedoor.com

確かに、病気になったら医者に行こう、ではないアメリカ的な考えなら当然かもしれませんね。医療費がシャレになりません。

そして含有量も違います。成分表記があるのは当然として、具体的な量を計算、比較してみれば一目瞭然です。やってみましょう。

国内で売られている某サプリは商品1つ約250円で1回15mg, 計20粒の亜鉛が入っています。これをすべて摂れば、亜鉛は計15mg x 20 + 300摂取できる。

それに対して例えば筆者が以前買ったCountry LifeのCalcium Magnesium Zincは割引なし(iHerbなら割引されることが多い)で約2400円で1回3個分で50mg, 3計250 Tabletsなので 50mg x 250 / 3 ≒ 4166mg.

個数を合わせて比較すると、250 / 20 = 12.5だから、某サプリのほうは250 x 12.5 = 3700円にもなります!海外製に比べて1000円以上高い。。。

しかも後者の海外製は名前の通りカルシウム、マグネシウムも一緒に入っており、こちらはそれぞれ1回につき1000mg, 500mgも摂れてしまいます。ついでにL-グルタミン酸100mgも。圧倒的に破格だと思いませんか。

というわけで、サプリ先進国なアメリカから仕入れるのはおすすめです。サプリの種類も含有量も間違いなく勝っている。種類が多すぎて、逆に何買ったらいいか分からない、となるかもしれませんが(笑)

毎日摂取するとなるとそれなりに値段も張るし、別にサプリを買ってなくても健康な人はいると思いますが、そういう人は生活習慣が優れているので、そんな人達の食事を一朝一夕で素人が真似できるものではないと思います。仮にその人が毎日野菜を○○g食ってるし筋トレストレッチしてる、酒は週1回限り、睡眠時間は6時間確保していると言われたとして、真似できるでしょうか。

 

老後はロボットがいれば安心か?

安心ではないんじゃないでしょうか?

ロボットが今後増えてくれば直接動けなくても日常生活くらいはなんとかなるかもしれませんが、それって俺にとっては幸せではないです。

仮に資産が1兆円超えしていようが、病院でずっと何本もの管を刺されて身動きすら取れないまま何年も生きたとしても、それは生物学上は「生きている」ですが筆者にとっては「死んでいる」です。希望を持てないまま過ごすのなんてそんなもので、価値が無いと思っています。所詮は個人的な意見ですが。だから、自分がそうなったら延命はやらないでくれと家族に言っています。そもそも延命は無料ではないので、やりたくても出来ない可能性も高いのですが。

「ロボットがいてくれたほうが凄く助かる」は良いとしても、「ロボットがいないと何も出来ない」は違う。それだとまさにのび太です。ドラえもんも言ってるでしょう、日本中がのび太だらけになったら国が滅ぶと(笑)

 

健康は金で買う

タイトルと矛盾しそうですが、つまり金は健康のために使うのがベストと言いたいです。まず健康第一、余裕があればその他に、という優先順位です。カネを使わなくても運動は自力でできますが金をかけたほうが手っ取り早く肉体強化出来るし、知識を仕入れるには本を読む、プロと知り合うなどする必要があるのでただでなんでも出来るとは思いません。生きるのにも金がかかりますね。。。

 

まとめると

日常的に思っていることをざざっとまとめました。一昨年までは堕落した生活を送ってきたからこそ、心機一転、これからは健やかに生きようと思ってこんな生意気なことを書いています。でも、この考え方は中々理解されないんだろうなあ(;´∀`)少なくとも、国内でずっと右へ倣えしていたら絶対にこうはなりません(確信)筆者が偉そうに評価できることではないですが、周りに合わせることに一生懸命な人を遠目で見れるようになったら、なんとなく及第点な気がします。

ところで、タイトルは漫画「沈黙の艦隊」の海江田四郎のセリフ

牢獄の庭を歩く自由より 嵐の海だがどこまでも泳げる自由を
私なら選ぶ!!

をもじりました。元ネタはかつてない名言と思ったので、未だにお気に入りです(笑)この考え方が正しいかどうかはともかく、保守的な人間には一生言えないセリフです。これからリスキーな生き方をしていく自分にとって、何より励みになるし、大事なことだから心に留めておく必要があると思います。

というわけで今年も無事生き抜きます。