頭の中は異空間

生活を日々ハックしてよりよくするブログ

キュレーションメディアの閉じ具合が酷い件

 

最近WELQの件でDeNAが叩かれてるなと思ったら、いつも見ているライブドアニュースにこんな記事が。

news.livedoor.com

news.livedoor.com

なんかWELQ以外にも色々閉じてますね。しかも、他の企業でも同様にサイト非公開とか。

もしかして閉じた記事の運用元は、何か身に覚えでもあるのか?(笑)炎上する前に手を打てって?

 

閉じてないメディアもある

WELQの件とは別に、以前TABILABOで似たような炎上があったなと思いつつ覗いてみたら、あちらは閉じてませんでした。でも、双方を見ても結局炎上した内容はそこまで変わっていないような。一度炎上すると中々みんなの記憶から消えてくれることもないでしょうから、誰か他にも同じこと言ってる人はいそう。

ともかく、今サイトを閉じていない企業は問題なく運営出来ているということでしょうか。必ずしもそうとは言い切れない感がありますが。

まあ、どうせ見るのであればまともなサイトの方が良いです。身体を良くしたいならathletebodyはオススメだし、テクノロジーならwired.jpがオススメです。どちらも執筆者情報をしっかり載せている。後者は元が海外のマガジンのため、翻訳者も載せている。論文の引用元が明らか。そしてプロが執筆している。それだけでなく勿論記事の中身そのものの質さえも、杜撰なサイトとは何もかもが違います。

 

やっぱり情報強者が勝つ

改めてネットのリテラシーを高めることの大事さが、この問題によって多くの人に伝わったんじゃないかと。今回はWELQが(正確には他所のライターまがいが)テキトーすぎる記事を乱発してしかもそれがSEO対策がきっちりされていたことで、ググったらトップに出てくることである種の検索妨害にすらなっていることが叩かれました。そして、そもそもああいう胡散臭い記事を鵜呑みにするのは、ネットのリテラシが低い人が大半ではないかと。筆者も高い方ではないと思っているので、もしかしたら過去記事で触れているかもしれませんが。。普段から情報に触れていないとこういう事件が起こっていることすら知らず○○最高だよね、とか発言して恥をかくことになる。気をつけないといけませんね(;´∀`)

 

一番の問題点は何か?

個人的には記事の運営体制のうち、クラウドソーシングで素人同然の方々に低賃金で書かせまくったことが一番の問題だと思います。実際に登録して中の仕事内容を見たことがあるのでわかりますが、これ隙間時間で出来る人そんなにいないだろ、ってくらいの内容が提示されてることもありました。書いた本人が全員スペシャリストならともかく、大抵はパクリをやるようなズブの素人ですよ。専門知識なんてあるわけない。専門書読めるとかその手の仕事に従事したことあるならまだしも。きっと暇つぶしというかお小遣い稼ぎ程度の気分で書かれたものだろうから、まともな記事なわけがないと。そんな記事を書く前に、普通は良心が咎めると思うんですがねー?

パクリ記事は本当にひどい。絶対なくなるべき。コピペした記事だけでなく、元をちょこっといじった程度の糞文章も根絶されるべき。その文章を使いたいなら、きっちり引用しろと。

 

今後の技術動向に期待

動向というのはAIの発達のです。Googleの検索アルゴリズムが進化して、中身のないコンテンツが徹底的に排除されるなら、テキトーな記事を量産されてもどうせ人目につかない隅っこに追いやられるでしょうから、そこまで有害でもない。SEOだけのごまかしが効かない検索エンジンこそが最強ですね。あれば。
そのためにはAIが記事内のコンテンツを読み込んで判断できるくらいに賢くなる必要があるわけですが、それっていつなのか?こればっかりは分かりませんので、いち早く出来上がってくれることを祈るばかりです。