読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中は異空間

生活を日々ハックしてよりよくするブログ

【自重トレ】筋トレグッズ,器具を揃えるうえで注意したほうが良いことと対策+α

fitness

体験談を通して注意したほうが良いことをざっくりと。

 

買う前にかんたんに画像を見て判断する、レビューや商品説明を見て判断する

実際に買ったのに思ったのと違った、というのが一番残念な例です。実体験としてはとある5kgの足に巻く重りを2つ買ったのですが、これが失敗でした。元々は鉄下駄のように足に負荷をかけるために、アンクルウェイトの発展版を買ったつもりでした。しかし大きすぎて上からパンツ履けないわ、冬は冷たすぎて熱を奪うわ、そもそも巻くのが大変だわですぐにただの漬物石と化しました。説明もよく見ずに買ったのが原因です...せめて大きさだけでも先に知りたかった。

 

取っ手にカバーがついてるやつを買う

手で握る器具は、高重量になるに連れて、表面がザラザラしていると筋肉よりも先に手のひらが参ってきてしまいます。分かりやすい例がダンベルです。これは買ってしまってもまだ対策が出来るほうです。

ダンベルの金属の臭いが気になる、持つとザラザラしてて痛い→タオルを巻く

手の皮が擦り剥けている等で痛い→軍手をする

といった方法で逃れられます。しかしプッシュアップバーではそうもいきません。自分の全体重が手のひらにかかってくるのでとにかくきつい。プッシュアップバーを買うのであれば絶対にカバーが取っ手についてる製品を買いましょう!

対策済み器具

ダンベルにはタオルを巻く。プッシュアップバーはカバー付きを買う。

ちょっと工夫するだけでやりやすさは段違いです。

 

継続のためのワンポイントアドバイス

ほぼ自重トレのみですが既に器具を使いつつ2年が経ちました。まだ継続中です。

安いとは言え器具をせっかくカネを出して買ったのに結局使わずじまい、ではもったいなさすぎます。体づくりにはコスパがよく間違いなく役立つので、せっかく買ったなら使ったほうがいいです。そのためにやってみて効果があったことを幾つか。

 

目につくところに置く

押し入れの奥の方に片付けてしまうと、後で取り出そうとしても面倒だし、もういいや、と諦めてしまいます。

ちょっと時間が空いた時、近くにダンベルがあったらちょっと筋トレしてみようかな、なんて気にもなるかもしれません。気が向いた時に出来ます。

 

物を買いすぎない

結局、一度に出来る筋トレには限りがありますので、たくさんの商品を買っても実際に使うのはそのうちごくごく一部だったりします。いらなくなっても処分がただ面倒です。最初から本当に頻繁に使う器具を少数だけ買えば、こういう問題とは無縁です。 たくさん道具を買ってからあれもこれも「こなさないといけない」と自ら辛さアピールしても仕方ありません。特定の箇所を鍛えるために本当に必要な筋トレメニューは1~2種類で十分。かえって集中してそこを鍛えられるので効率が良いし覚えることも少なくて、余計なことに頭も力を使わなくて済みます。

 

情報を得る/動画を観る

派手なパフォーマンスをやっている動画(そういうので興奮するなら)やハードな筋トレをしている動画で勇気づけられてからやるのと寝起きでやるのとでは大きな差が出ます。そしてフォームは結構Youtubeなどにあがっているので慣れるまでは愚直に見直したほうがいいです。

 

という要領で少しでも初心者の足しになれば幸いです。自分もまだまだ上達したとは言い難いので、これからも引き続きウェイトを挙げて努力します。