頭の中は異空間

生活を日々ハックしてよりよくするブログ

読んでいて気持ちのよいブログにするために。

ネットの記事は多い。

山のように存在するブログの中から自分の好きなブログを厳選して、スキマ時間に読むようにしています。それは時事ネタをネットニュースやブログから仕入れているからというのもありますが、個人でこうやって記事を書いている以上は、アウトプットも大事ですがインプットも同様に大事だからです。

 


参考にするなら、中身のあるコンテンツを探すべし

単にカネ目当てになった中身の薄いブログを開くよりも、そこまで対して稼げていないかもしれないけど中身自体はしっかりしていて読む価値があるブログを開くほうが、読者サイドとしては有意義です。

 

 

ズルしない

ブロガーとして食っていくために記事を書くのは大事だけど、そのためには相当クオリティの高い記事を書き続けていく必要があると思います。なぜって、PVを稼ぐだけでもSEOを考慮しないといけないのですが、常にGoogleがアップデートをしているからです。

代表的なアップデートにパンダアップデート、ペンギンアップデートというのがあります。

パンダアップデート

www.seohacks.net

 

ペンギンアップデート

www.seohacks.net

要するにズルして稼ごうとしてんじゃねえよカス!って言ってるわけですね。

確かに読者サイドとしては何も中身がないだけの糞記事に釣られたら時間の無駄をするので、これは当然の反応といえます。

 

ただ数を稼げばいいわけじゃない

内容の薄いクソな記事を100個書くより、価値のある記事を1つ書いたほうが総PVは勝ると思うし、自分で書いていて気持ちが良いはずです。書いている途中に、これ駄目だな、と思うことがあります。そのときは仮に2000文字over書いていても書くのをやめて記事を消します。クソな内容や嘘を書くくらいなら、何も書かないほうがマシだから。

両記事にするという自分なりのポリシーを守るために、時間をかけてでも内容にはこだわります。

勿論、質の高い記事がたくさん書けるのであればたくさん書いたほうがいいとは思います。

 

道楽として書いていても両記事は書ける

ブロガーとして一生食っていくのでもなければSEOを無理して学ぶ必要もないし、書きたくない記事は書かなければOK。稼ぎたいなら時事ネタに触れるとかどういう記事がBUZZりやすいのか研究すればいいけど、ブログはメモ代わりに使うことも出来るし、日記を書いたって良いわけで、使い方は自由。

その中であえて記事を書いて広めるならまともな記事がいいよねってことで、月に1記事でもいいからペースは気にせず、記事の質を上げることに注力すればまともな記事は誰にでも書けると思います。ネタが溜まってきたら一気に放出させたり、ペースも勝手気ままに、時間作れる時にまとめて書いてもいいし、空き時間にちょっとずつ書いて予約投稿したっていい。無理せず書きましょうってことです。

 

 

BUZZらなくてもめげずに記事を書き続けよう

俺も始めた当初(今年1月頃~)は毎日1~2記事を書いていたけど、最近は毎日は記事をうp出来ていないし、ネタがそこまでたくさんあるわけでもありません。しかし自分で書いた記事を後で読み返してみると、自分でも楽しめる、読み応えのある記事を書いている自信はあります。毎日書かなければいけないなんてルールはありません。たまたまその時書こうと思うネタがなくても、後でネタが浮かぶかもしれない。

そのうち書いていた記事がいつかBUZZるかもしれないので、諦めずに記事を書き続けた方がいいんじゃないかな?

と思いながら俺もまだ記事がBUZZってないしもっと書き続けるか...