読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中は異空間

生活を日々ハックしてよりよくするブログ

記事を書いていくのとYoutuberやるのちょっと似ていると思うところ

f:id:notwo:20161015174031p:plain

 


最近ごく僅かな一部のYoutuber動画を観て少しハマっております。

その中で本当によく考えていまの金稼ぎをやっている人の動画を観ていると、時たま唸らされることもあります。

そこでちょっと考えて気づいたこととして、Youtuberとamebloやはてななどのブロガー(それが収入源になっている/いないにかかわらず)の共通だなと思う点を挙げてみます。

 

 

収入の仕組み

どちらもGoogleの広告の仕組みを利用して収入を得ます。一般的によく知られているアフィリエイトにはGoogle Adsense(以下Adsense)やNinja AdMax、楽天アフィリエイトなどがあります。YoutubeAdsense利用です。というかブログでもAdsense安定かな。Youtubeなら動画再生のたびに、ブログなら広告クリックのたびに収入が発生します。

他ならおそらく、商品購入ごとではないでしょうか。

 

最初は全然金にならない

当たり前ですね。無名だから。既にテレビで知名度が上がっている芸能人がブログ始めました〰とか言うのと、どこぞのトーシロがブログを始めましたというのは、訳が違う。一字一句違わない全く同じネタを投稿しても、有名人が書くか無名の人が書くのかでPVに雲泥の差が出ます。

というか、極論、buzzった奴勝ちじゃね?

そう思うのは、とあるベトナム人の某birdのエピソードが当てはまるから。

ネタの良し悪しも大事ですが、まずは検索で自分の記事や動画がhitしないと意味ないし、それには動画にはどんなテクニックがあるのか知りませんが、ブログならまず間違いなくSEO対策必須です。俺もちょっとずつ勉強しながら、記事を書いています。まだ弱小だけど。動画を投稿するならそれの編集をするし、容量と尺にも気を配る必要がある。勿論、まずはタイトルが大事です。

更に著作権侵害していないか、ネタが二番煎じになっていないかに最新の注意を払って投稿します(どことも全くかぶらないようにするのは現実的に無理ですが)。そのちまちまとした努力をずーーーーーっと続けて、少しずつ再生数、アクセス数が伸びて、調子良い時は右肩上がりに伸びていきます。今がそう。僅かずつでもOK。

それまでは、特に始めたての頃は自分の再生数、PVを見るとただただ惨めになるだけです。

 

とにかく継続してナンボ

これは筋トレでも一緒だしスポーツでもなんでも一緒。特にプラスで語ることなんてありません。儲かるまでやらないと、儲からない。

 

アンチがつくのはある種のステイタス

と思ってますがどうでしょう。無名なヤツをわざわざ叩こうなんてやつはいなくて、今現在の俺みたいな弱小筆者にはまともにアンチなんかついていません。俺を叩いても影響0wググったら予測検索が出るくらいには有名な人を叩いたほうが炎上しやすいのは言うまでもありません。炎上商法なんて言葉もあるくらいだしね。計画炎上狙うのはちょっとリスキーだけど動画のコメント欄でリスナー同士が闘う様は見てて笑えるのと、そのおかげで再生数伸びまくるのであれば、しかもそれが稼ぎにつながるのであれば、ちょっと稼ぐ事の本質からはだいぶずれてる気がするけど、まあありなんでしょう。俺は、やりたくない。

でも、意図せずアンチの1人や2人はつくでしょう。それはまあ仕方ない。どうしようもないアホはスルーして、これは確かにと頷くレベルのコメントなら受け入れて、改善の糧としたいところです。

 

稼ぐには覚悟が要るぞ!!

まず少なくとも思いつきだけのネタでは稼げません!!あと、金が目当てになってるやつはちょっとな!

というのは誰でも知ってそうですが、じゃあなんで??

金が目当てなら、動画の視聴者、ブログの読者のための動画、ブログではなくて自分本位でクソな内容のコンテンツを出す傾向があるからです。そうならないように、後で自分で見返して少しでも面白いと思える内容のものを書くように心がけています。その御蔭で、ちょっとした空き時間に自分で見て笑えるものがあったり今の自分の考えに確信入ったりします。ただ単に数だけ稼ごうとすると中身すっからかんなコンテンツが出来上がるのは目に見えている。

Youtuberだと顔出ししたりやりたくないであろうことも収益のためとなればやらざるを得なかったりする点、あるんじゃないかな?もしそれだけで食っていく気があるのであれば。一方ブログだと記事を書くのに文章力が要るのでアホでは務まりません。勿論こちらもネタ切れすればピンチ。

普通に会社勤めが嫌だから始めたなんていう人は、嫌な仕事から逃れたかったはずなのにこちらでも視聴率やPV向上のために好きでもないことをしているのであれば、わけがわからないよ。

まして収益は当然固定ではないので上がることも下がることもありえます。自分がそれだけで食っていながら急激に収益減なんてなったら、笑えないでしょう。

逆に自分のやってることに疑問が湧いたり飽きが来たら突然やめます、なんてことするわけにもいかない。収益の柱が他になければ!

やるなら常にそれらのリスクが付きまとうことをわかったうえでやるのが良くて、後になって「知らなかった」では寒すぎます。

やっていることはまるで起業家。

 

...

なんかデメリットっぽいことばっかり書いている風に見えるのでフォローすると、これらは会社員よりはるかに稼げるチャンスが有るのは実例を見れば確かですし、そのやっていることがどれも自分の納得いっていることで(自分で決めたこと)かつ辛いながらも自分自身がそう感じていない、それどころか楽しんで働けるチャンスを提供してくれています。

仮に稼ぐのが目的でないにしても道楽で馬鹿なこと(バカッターレベルの底辺は除く)やるとか自分の思いを広く発信するのにはYoutubeもブログも便利なツールなので、やってみたいならどんどん使ったらいいと思います。

 

 

ひとまず、意見レベルのことをつらつらと書きました。

しかしまだまだ自分の稼ぎは大したことがなさすぎて公表できないレベルのため、もっと稼げるレベルになったら改めて、もっと質の高く信憑性のあるこの手の記事を書くと思います。