読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中は異空間

生活を日々ハックしてよりよくするブログ

飲食店に入る前に、ざっくりとでいいから中身を予め調べるんだ!

f:id:notwo:20161015001258p:plain

 


最近失敗した体験から学んだので、せっかくなんで書いておきましょう。

 

苦手な品がメニューにないか

完全な把握は無理ですが、なるべくで。貝が無理なら、魚介系は避けたくなりますね?

これはせっかく出された商品を残さない配慮のつもりです。俺はオクラが無理なので写真にあったらそのメニューは絶対に頼みません。

 

場所が遠すぎないか

どの地区にあるかだけ見て実際に行ってみたら、端っこの方にあるだとかはなかなか笑えないオチです。 

 

二郎インスパイア系ではないか

俺がミスったのはまさにここで、野郎ラーメンに行ったらそこがインスパイアだったというオチでした。野郎ラーメンに限らず、二郎系の店が苦手なら、まずまっさきにメニュー写真観たり、まずはグルメサイトを見てそれ系じゃないかチェックしたほうがいいです。間違って店内にまで来て、そこでやっぱり思ったのと違ったからって、コンビニに出入りする見たく出来ませんよ。

ニンニクの匂い無理なら、やめておきましょう。

 

店員の対応はまともか

分かりやすい例として、二郎の店員の接客態度についての スレがありますが、中身が事実かどうかはともかく、もし世の中の飲食店のなかにこんなのが紛れていたらとんでもないことです。そこに運悪く出くわしてしまったなら、その日はナーバスになるかもしれない。ここも口コミを見て実際どうだったのか、参考にしたほうがいいです。

書きながら思い出しました。数年前に友人数名と横浜の中華街に行ったときも、とあるクソな店とそうでない店の歴然たる差を見せつけられて、接客態度がいかに大事かを 味わわされました。今更ながら記録のためにもと思って書かせてもらうと、クレジットカードが特定のメニューには払えないとか、会計の時に言うんじゃねー(驚愕なことに、この注意書きは看板はおろかメニューにもなかった)!食器とか更を置くときに煩い音を立てるな!後面倒くさそうに接客するな!作り笑顔でなくてもいいからせめて普通の顔しろ!

 

…良くある話ですが、テレビの取材や雑誌で取り上げられて有名になったら、きっとわんさか客が押し寄せてくるんでしょう。その状況に胡座をかくようなカスな店には行かない+友人にも行かないように勧めることが一番。淘汰されて然るべき。逆に、儲かっていようがいまいが真摯に対応してくれるところがあるなら、そこは絶対当たりです。

 

飲食店関連で言いたいこと

弱小な個人の勝手な意見です。

やれ有名人が来店しただのやれTVで取り上げられただの、たったそれっぽっちのことで人だかりが出来るのは何なんでしょうね?今やそんなもの見て踊らされなくても、立派なグルメサイトがあるので、そこの口コミ(サクラっぽくないやつね!)を見て自分で判断したほうが、いい店に行ける確率が高いのではないでしょうか。

というのと、店の雰囲気と人数も気分によって行きたいところ、行きたくないところの基準になり得るでしょう。例えば休日の新宿のカフェははっきり言って入れたものではないです。狭いし、煩いし、カフェとしての意味がほとんどなくなっちゃってるとさえ思えます。

一度行って失敗だ!と思ったならブログや日記に書くのも良し、周りにそこへ行こうとしている人がいればやめるよう促してあげるべきです。

 

そうやってまともな店だけが生き残れるようにすることも、消費者として大事、間違いない。