読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中は異空間

生活を日々ハックしてよりよくするブログ

ヘルシープログラマに学ぶ、健康的なハッカーライフ

技術書/参考書

など、大々的なタイトルですが中身は至って単純!

 

日頃からどうやってより健康的に健全に生きるか、を追求しているとSEという職種はとかく不健康になりがちで、製作はしたいけどPCの前に座っている時間が短いとなんとなく不安になってくるので、どうしたらパフォーマンスを挙げられて無駄なくできるか、試行錯誤した結果ある一つの考えが固まりました。それを語っていこうと思います。

 

この書籍はオススメ。

f:id:notwo:20160909081000j:plain

 

 


ヘルシープログラマ

他のオライリー書籍とは一風変わった内容で、惹かれた人も多いと思います。即座に飛びつき、中を読んで現役プログラマーGEEKな人たちが抱えているであろう問題点を指摘していることを知って唸りました。その解決法としてストレッチをしたり適度に席を立つなど、座りっぱなしによる弊害、頑張りすぎによる弊害を訴えており、まさに俺たちのためにあるような本だと確信しています。その内容を一部抜粋しながら解説していきます。

 

俺自身、読んでみるとすでに実践している内容、これはなるほどと思った内容があり、使える、と思ったポイントは実践してきました。ちょっとしたことですが、大は小を兼ねる、ではなく小は大を兼ねると実感した日々を送っています。おかげで学生時代からずっとPCに向き合っていても、腰痛や視力低下、肥満とは無縁の生活を送れています(でも最近みたくラーメン食い過ぎた時は少し肉が乗るけどw)。

そのポイントは下記の通り。。

 

 

自分が”飽きる”ペースを知る

”飽きる”というのは、集中力が切れる、という意味で言ってます。頭の中がもやもやして全然目の前のことに情熱が入らないなら、今すぐに席を立って背伸びの一つでもした方が健康的です。頭がすっきりしないのは、座りっぱなしで血行が悪いせいかもしれない。まずは外に散歩に出て日光を浴び気持ちを落ち着かせると、さっきまで何も浮かばなかったアイデアが、歩いてるうちに急にひらめくかもしれない。

だいたい集中力が続くのがこのくらいだなと思ったらそれを目安に1日の計画を立ててみると、思ったより製作以外の時間が取れることに驚くかも?

==> だらだらとやるのを避けるため。また、時間当たりのパフォーマンスを上げるだけでなく運動不足の防止にもなる。

 

筋トレ、ストレッチをする

運動不足意外にも、慢性的に筋力不足だと日常生活にも弊害が出てきます。老後じゃなければ、なんて思ってる人はきっと多いですが、その老後でも肥満なプログラマーより健康的で足も速く爽やかな人はいるわけで。どっちが健康的で強そうか、明らかでしょう。

特に腹筋と足腰をしっかり鍛えて、視力低下対策に眼筋も強化すると良いです。筋トレタイムは1日5~10分あれば足りるでしょう。

たまに非会員制のスポーツジムに行ってみるのも気分転換になって良いです。

何もミスターオリンピアに出ろというわけではないし(出ようとしたってプロのビルダーでさえいける人はそういない)し、室伏選手のように筋肉番付で出禁になれというわけでもありません(氏のように優れた血筋でかつ超一流の努力ができる人なんてそうそういない)。適度にやって、ダサい体になるのを防ぐ程度でもOK。

 

作業する場所にこだわる

上記書籍には書いてない内容です。

自宅で漫画やテレビ、ゲームなど色んな誘惑の中でやるのは、よほどそれらに飽きている人でもなければ長続きしないと思います。かといって毎日コワーキングスペースでやるのも金がかかるし、都心の喫茶店など人の多いところは気が散るかも。

人が少なめの喫茶店に行くか、静かに作業できるなら図書館もいいかもしれません。

周りへの配慮やセキュリティの事を考えると電車やバスの移動時間中はオススメできません。喫茶店でやる場合も画面を見られない程度の場所取りはすべきか。。

 

 

間食で愚かな食事をしない

最後に、これも上記書籍には書いていない内容ですが、大事なので挙げておきます。

ファーストフード、カップ麺、ポテチ、etc...休憩時間にヤニを吸う...これらは害でしかなく、まず真っ先にやめた方がいい。これに合わせて糖質たっぷりのジュースとかショートニングの塊なんか食っているようでは、せっかく運動をしても台無しです。やっぱり太ります。

 

デブはただただ損。

 

今回はこの辺で。