読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中は異空間

生活を日々ハックしてよりよくするブログ

今週のお題「わたしの本棚」

今週のお題

どうも。

 

f:id:notwo:20160712075435j:plain

 

引越しに伴って本棚を整理したので、ざっくりと残っている本に関して書いてみます。

 

本は整理が大変

調子に乗って本を買いすぎると、すぐに本棚が溢れて整理しきれなくなります。ということで、残す本については、簡単に下記に分けました。

 

  • 何度も読む価値があると判断した本(バイブル)
  • 今すぐに必要な本
  • 今は要らないが、今後確実に必要になると分かっている本

 

写真の様に、全体をジャンル別に分けています。

これら以外は読み終わり次第処分しています。あとはメルカリで出品するくらい。

 

ビジネス書はほんの少し、小説も少なめ。私はエンジニアなので、技術書が一番多め。それには、転職・独立するにあたってのキャリアプランの本も含みます。

 

漫画は起きません。嵩張るし、一度読んだら暫くは放置になることが分かっているので。小説もそういう意味だと、読んだら売りますw

今は電子書籍という便利ツールがあるので、漫画や小説はそちらを利用。iPadのアプリで読んでます。個人的にオススメはhonto。テラフォーマーズとかうしじまくんとかはこれで買ってます。

 

電子書籍にしないものとその理由

技術書・参考書、ビジネス書は絶対に紙媒体にします。

 

  • 好きなページにマークしたり、必要なページを電子書籍だとめくりにくい
  • ラインナップが微妙
  • 少し前の本でも中古で買うという概念がなく、常に新品同様の値段(電子書籍なので紙よりはそれでも多少安め)を請求される

という理由から、漫画と違い紙で持っておくことが重要だと思います。たまに書店に寄って探すのも楽しいし。

自炊してpdf形式で持っておくのも手段ですが、それって物凄く面倒で私は断念しました。自炊するくらいなら最初からpdfで買ってしまった方が早いと思います。

 

本棚にはないですが、後は売りに出すための本をダンボールにまとめています。こちらは出品して反応があり次第処分なので、読むこともありません。

本棚が複数ある場合、近くによく手に取る本、奥のほうにはあまり触らないであろう本を配置しました。

といった具合に本にも優先度をつけて管理すると、使いたい時にすぐに役に立ってくれて非常に便利でした。

 

ある程度のボリュームが出てきたら何か要らなそうなものが出てくるので、それを売りに出すなり捨てるなりして、適度な空きスペースを作っておくと個人的には本棚の見栄えが美しい気がしますw

買いすぎてプチ図書館みたくなってもカオスですしねw

 

今回はこの辺で。