読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中は異空間

生活を日々ハックしてよりよくするブログ

早起きするための訓練

other

どうも。


朝早く起きたいなら、夜早く寝ればいいじゃない、なんて言われたらそれで終わっちゃうんですが、もっと他に別の方法があるだろうということで、書き出してみます。



超絶やりたいことを朝やる

これは夜更かし対策としても有効です。やりたいことがあれば多少無理してでも起きたくなるでしょう。寒くても、頭が痛くても、やりたい。そういう何かがあれば朝やる習慣をつけるのが一番です。朝は頭の回りも早いから、理にかなっていますね!

たとえばテニスが好きすぎて仕方ないなら、1人でも素振りや体力作り、ストレッチをしたり壁打ちやガットの張替えなどやろうと思えばたくさん出来ます。朝にウォームアップして、本番ではすでに肉体もメンタルも整っている、というベストな状態を毎日作り出せるとしたら最高ですよね。もちろん受験や就活でも通用する話です!



快眠の気持ち良さを知る

寝つきが悪いとか寝てる時間がもったいないとかいう理由で睡眠時間を削減しているならかえってそっちのほうが勿体無いです。6時間は寝たほうが体感的にも科学的にも翌日のパフォーマンスに響いてきます。よく寝るにはやっぱり、睡眠の質を上げることですね〜(_ _).。o○

実際、よく寝れたと感じるその日は何より集中力が違います。前の日にできなかったことが難なくできちゃったりするのを1度味わってみるべきです。最高の目覚めを毎日できるなら多少夜の時間を割いても何も損がないどころか得しまくり間違いなしです。寝不足が祟るとやる気が起きなくなって惰性でその日1日を無駄にするだけでなくだいたいその翌日も寝坊したり頭が働かなくて仕事も進みません∑(゚Д゚)



朝寝坊のリスクを考慮する

また、時間がもったいないのと朝寝坊から遅刻するリスクを天秤かけたら、どっちが優先されるべきかは明白です(´Д` )

普段の帰りが遅いなら尚更すぐに風呂に入って寝るか、すぐ寝て朝風呂で目覚まし+ウォームアップです!一度始めれば体にリズムが刻まれて、習慣化されて寝坊なんてまずしなくなりますV(^_^)V


これって、残業せずにとっとと帰宅して翌日に速攻で片付けるのと変わりませんね。ケツを決めて一気にやっちゃったほうが効率良いし実際なんとかなるんでw



今日はこの辺で!