読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中は異空間

生活を日々ハックしてよりよくするブログ

空腹との戦いを制するためにした工夫

 

空腹って辛いですよね^^;

体づくりや食費制限をする場合、意図的に食事の量を減らす修行をすることがあります。減量中のボクサーがやっているように。

堪えられるなら堪えたい。食べなくて済むなら食べたくない。心ではそう決めても実際レストラン街を歩けば、うまそうな料理番組を見れば、街中の試食コーナーを目の前にすれば、ほとんどの人はタガがはずれると思います。しかし鍛えればそこは人間、耐えれるようになるもの。そこまで難しくありません。実際に私が1日1~2食を継続するためにしている工夫を書いていこうと思います。

所詮やってることは”食事制限”なので一時的にどーーーーしても体重を数値上落とさないとまずいんだよ!って人以外はやんないほうがいいです。

 

食べ物を余計に買わない

これは結構大事です。財布にも優しいし、手元に食べ物がなければ何もしようがないので、過食を抑えることができます。

いつもの行きつけのコンビニやスーパーに行かない1日を作ってみましょう。 

 

何を買うかを決めておく or 1日の食費を決める

100%全てが決まっていることはなかなかありえないかもしれません。しかし大まかにでもこれとこれは買って他は買わないと決まっているだけで買い物に迷わない分時間の節約になるし、冷蔵庫内のスペース節約にもう役立ちます。

 

ある程度放っておくと慣れる

人間の適応力の素晴らしさはここに極まるといっても過言じゃないです。最初は本当に本当に我慢するのが辛い。でも不思議なことに、たとえば1時間何も食わずにいればいつの間にか大した苦痛でなくなってきます。

 

何かに熱中しよう

これは非常に強力な方法です。そもそも空腹だったことさえ忘れるくらい何かに没頭していれば、気づかぬうちに時間が経っていることも多いでしょう。本当に好きなもの、熱中できることを見つけて空腹時にはそれをやるのもありです。

仕事でもネットサーフィンでもゲームでもいいです♪

 

どうせなら、継続。

1日せっかく頑張っても、翌日からドカ食いしてるようじゃ意味がありません。1週間に1ぺんでもいいので制限デーを設けて、腸を休める機会を作るのは結構いいことです♪断食はレベルが高いので、食事回数と量を制限すればいいです。

最初は本当に我慢ですが慣れてくれば自然と当たり前になってきます。

 

その分、1回の食事を大切に!

噛む回数を増やす、ゆっくり落ち着いて食事のひと時を楽しんで、心にも安らぎを与えましょう!

食い過ぎなければ睡魔によるパフォーマンスの低下も抑えられます。

 

注意点

飲み会やお誘いがあったら

無理して食べなくていいと思いますが、相手に気を使わせてしまうようでは気がひけるでしょうから、その時くらいはいつもより豪快にいっちゃってもいいんじゃないでしょうか。毎日あるんだって人は知りませんw

 

いきなり食事制限すると失敗する

食事制限。。。最もリスキーな選択ですね。食べなければ痩せるというのは安直な考えであり、これで成功する人は相当稀じゃないですか。

別記事で書いてますが運動なしで痩せようと思うことが間違いです。それだと痩せても見かけだけ。体内は間違いなく深刻な状態です。

減らすなら本当にちょっとずつ減らすことです。たとえば、毎日、間食を含めて4回以上食事タイムがあったものをいきなり1日1食にしようものなら体がその変化についていけず、過度なストレスがたまって逆効果です。こういう人が近々リバウンドをしてより醜くなっていくわけですね。

 

筋肉は落ちる

サプリを摂取して防いでも間違いなく落ちます。身体が細くなっていくだけならまだしも。筋肉が少ないのは不健康だということを自覚して。。

 

...

 

こう書きながら私もたまに感触をやらかしてしまうので、まだまだ修行の必要ありです^^;